2017春の伊豆大島・路線バスの旅、大島公園の椿まつりと椿園(2/4)

1/4からの続きです。

大島公園 椿まつり


伊豆大島 椿祭り

伊豆大島 椿祭り


大島公園の椿プラザは「椿まつり」のメイン会場になっていました。
真ん中のステージでは、お祭り期間中は毎日「大島民謡」や「あんこの手踊り」などの民謡踊りが見られます。

「椿まつり」は、早春に、伊豆大島全土で執り行われるお祭りです。
約2か月間、市街地のあんこパレード、元町港船客待合所のツバキ染め体験教室、三原山マラソン大会、観光名所スタンプラリー、ミス椿の女王コンテスト等々、島全体で様々なイベントが行われています。

2017年は、1月28日(日)から3月25日(日)まで開催していました。

あんこ衣装着付け


あんこさん衣装の着付け

あんこさん衣装の着付け


娘たちに、あんこさんの衣装を着付けてもらいました。
紺絣(こんがすり)の着物に前垂れ、頭に手ぬぐいという大島の伝統的な衣装です。



あんこ姉妹

あんこ姉妹


大島っぽい写真が撮れました。あんこ姉妹です!

”あんこ” とは、伊豆大島での未婚女性の呼び方。
都はるみのヒット曲「アンコ椿は恋の花」は、伊豆大島を舞台にした歌だそうです。

椿園


椿園

椿園


せっかくなので、椿園も見て回ることにしました。
東京ドーム1.5倍の広さを持つ、日本最大の椿園です。



大島椿が見ごろ

大島椿が見ごろ


三月下旬、大島椿が見ごろを迎えていました。



真っ赤な大島椿

真っ赤な大島椿


満開の椿です。



約1,000品種の椿が見られます

約1,000品種の椿が見られます


約1,000品種の園芸種ツバキ3,200本と、ヤブツバキ約5,000本が育てられています。



植物園・温室

植物園・温室


温室の洋品種ゾーンです。



鮮やかなピンクの椿

鮮やかなピンクの椿


色鮮やかなフリルが印象的なトウツバキ。
原産地は中国雲南省です。

派手な大輪の姿は、まるでハイビスカス!
いかにも南国風で、国産のツバキとは雰囲気が違いますね。



白い斑入りのツバキ

白い斑入りのツバキ


白い斑入りのツバキ。



温室内の椿

温室内の椿


外のワイルドな椿も、温室内の椿も見事でした!

さんきらい餅「いもっこ」


さんきらい餅 いもっこ

さんきらい餅 いもっこ


椿園から戻って、椿プラザの屋台で小腹を満たすことにしました。

もうもうと湯気が出ている、屋台の蒸し器が気になります。
中を見せてもらうと、草餅のようなお菓子が入っていました。

さんきらい(サルトリイバラ)の葉で包まれた草餅「いもっこ」です。
あんこ餅が、柏餅みたいに葉っぱに包まれています。

お餅のデザインは、椿を模したものでしょうか。
真ん中の黄色いのはサツマイモです。

もっちりと蒸しあがった「いもっこ」我が家の女子には大人気でした!

民宿八幡荘


八幡荘の夕ご飯

八幡荘の夕ご飯


八幡荘の夕ご飯。
海の幸がならんだお御馳走です。



金目鯛の煮つけ

金目鯛の煮つけ


金目鯛の煮つけが、一人半分ずつ付いていました。



八幡荘の幼児食

八幡荘の幼児食


4歳の次女用に、幼児食も準備してもらいました。
ごちそうさまでした!

夜釣り

夕食後、岡田港の堤防に釣りに出かけたんですが、全く釣れませんでした!
アタリすらなくて、エサも全然取られてなくて、もう~全然魚が居る気がしません!

女将さん曰く、まだ水温が低すぎるんじゃないかということでした。

3/4に続きます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三原椿油(ミニボトル赤・緑・黄)
価格:540円(税込、送料別) (2017/5/26時点)

広告

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です