年長さんの夏休み、伊豆七島の式根島へキャンプに行きました(前編)

2015年の夏、5歳と2歳の娘を連れて、式根島にキャンプに行ってきました。
去年の南房総・大房岬(たいぶさみさき)以来一年ぶり、二度目の子連れキャンプになります。

式根島を選んだ理由


今回出かけたのは、伊豆七島の式根島。
式根島を選んだ理由は二つあって、一つは予約が要らないキャンプ場だったこと。
もう一つは、子連れで海遊びをするのにぴったりな、小ぢんまりした素敵な島だからです。

実は、夏休みは香川の実家に帰省する予定だったんですが、私の入院で夫の休暇が吹っ飛んで、計画はお流れに。その後短期でキャンプに行こうとしたら、予約制のキャンプ場はすでに埋まってしまっていました。夏休みのレジャー計画に、完全に乗り遅れてしまいました。

そのとき式根島を思い出しました。式根島は10数年前に一度訪れたことがあります。小ぢんまりとした穏やかな島で、小さいながらも、温泉、釣り、海水浴、魚突きなど、いろんな遊びが楽しめます。島独特ののんびり感に惹かれて、また行きたいなあと思っていました。

キャンプ場は大浦海岸という小さなビーチの側にあります。磯もあり、海遊びには絶好のロケーション。キャンプ場から見える夕日も印象的でした。居心地が良く、長期にわたり滞在する方や、リピーターも多いです。ここなら予約は要りません。無料で利用できる施設です。

でも悩みました。大人だけのキャンプと、子連れキャンプとでは、準備から何から全然違います。キャンプ道具一式抱えて、やんちゃ娘達と一緒に、電車と船で移動するのは大変です。もう考えただけでしんどくなるレベル。

その辺は、島で電動自転車を借りたり、宅急便を利用したりすることで、移動の負担を減らすことにしました。まあ頑張ればなんとかなるでしょう~。子供たちには、キャンプ生活と海遊びを楽しんでほしいな。


東海汽船、夜行客船の旅


東海汽船・特二等ベッド

東海汽船・特二等ベッド


なんとか船の予約も取れて、式根島への船旅に出発!

写真は特二等船室の二段ベッドです。
畳半畳ほどのスペースに、絨毯が敷いてあります。毛布付きです。
寝床は硬いですが、遮光カーテンで光を完全に遮ってくれるので、まあまあ眠れます。

一床にひとつ、コンセントも付いています。
キャンプ前に、携帯を充電しておかなきゃね。



二段ベッドになっています

二段ベッドになっています


プライベートスペースがあると、やっぱり安心できますね。
子供達もぐっすり眠れた様子。

そういや、この夜はじめて二歳の次女に「私はここで寝るから、お母さんはあっちに行って!」と言われてしまいました。地味にショックでした。



新島でほとんどの乗客は降りました

新島でほとんどの乗客は降りました


東海汽船の「式根島行き大型客船」は、東京を夜出発して、
朝方に、大島 → 利島 → 新島 → 式根島 → 神津島の順に泊まります。

新島までに、ほとんどのお客さんは降りてしまいました。
新島を出たら、黒い制服のスタッフが部屋を片づけはじめます。



海が青い!!!

海が青い!!!


新島港です。外に出てみました。

海が青い!!!
かなり深いのに、海底の様子が見えるんです。
子供達も「お魚見える!」と感動していました。(たぶん岩)


到着からテント設営まで


式根島に到着したら、あらかじめ予約しておいたレンタル自転車屋「げんべい」さんが、車で迎えに来てくれていました。大荷物を積み込んで、まずはキャンプ場へ向かいます。一旦キャンプ場に荷物を下ろして、テント設営場所を確保してから、再度迎えに来てもらいました。これは涙が出るほど有難いサービスでした。

レンタル自転車屋さんで、チャイルドシート付電動自転車を二台借ります。
1台1日2,000円、子供用のヘルメットも付けてくれました。
滞在中、3日間通してお借りする予定です。

目の前のスーパー「おくやま商店」で食材、「みやとら」でお弁当を買ってから、キャンプ場に戻ります。
坂道もスーイスイ、電動自転車のサイクリング最高です!



テント設営

テント設営


テントは二張り。
二人用の軽量テントと簡易ポップアップテントで、家族四人が寝ます。
天井には、日除けのタープを張りました。



島海苔弁当

島海苔弁当


お昼の「島海苔弁当」です。

ご飯に生海苔の佃煮が敷いてあって、明日葉の天ぷらがのってます。
ご当地食材が入った、魅力的なお弁当です。



「みやとら」のお弁当で腹ごしらえ

「みやとら」のお弁当で腹ごしらえ


次女もしっかり腹ごしらえ。
アリやアブが怖くて、怯えながら食べています。
このキャンプで、虫嫌いを克服してくれると良いのですが。


大浦海岸で海水浴


午後はさっそく大浦海岸で海水浴です。
水がクリアできれい!
水深1メートルも無いような場所でも、お魚がいっぱいいます。

シュノーケリングが楽しいです。
足元にはベラの大群が寄ってきて、親子ともども大興奮!

パラダイスで一休み


海から上がって、自転車で釣具屋さんに向かう途中、次女が眠ってしまいました。
無理もありません、疲れたよね。

疲れたのは次女だけではありません。
釣具屋さんで冷凍サビキを買ってから、お隣の喫茶店「パラダイス」で休憩することにしました。


パラダイスのアイスクリーム

パラダイスのアイスクリーム


長女はアイスクリームをぺろり。



私はミルク宇治金時、夫はビール(おつまみ付)

私はミルク宇治金時、夫はビール(おつまみ付)


私はミルク宇治金時、夫はビール(おつまみ付)を注文して、至福のときを過ごしました。
エアコンが効いていて、キャンプ客にとってはオアシスのような処です。


野伏港でサビキ釣り


夕方からは、野伏港に釣りに出かけました。
大型客船が到着した、新島との境に位置する港です。

サビキ釣りの釣果は、長女が毒ふぐ1匹とムロアジ(地元の方はアオと呼んでいた)を数匹、夫もムロアジを数匹釣り上げました。私は屈辱のボーズです…。

堤防は、釣り客で賑わっていました。
長女に釣りを教えてくださったり、次女と遊んでくれたり、皆さんとてもフレンドリーで優しかったです。ありがとうございました。

7時ぐらいまで頑張っておかずを調達して、キャンプ場に着いたらもう真っ暗!
それから慌ただしく食事を作って食べさせて、寝かしつけた頃にはもうヘトヘトです。
盛りだくさんの初日でした。ちょっと遊びすぎたかな。


キャンプ二日目


式根島二日目、ごきげんな次女

式根島二日目、ごきげんな次女


二日目の朝、ハンモックで和む長女と、ご機嫌な次女です。

近くに広いスペースが空いて、お引越しを済ませたところです。
場所を移動して、ゆったりとテントを張れるようになりました。
風通しも断然良くて快適です。良かった。

早朝から魚突きに行っていた夫は、再度のテント設営で朝からクタクタです。



芋焼酎「しきね」

芋焼酎「しきね」


芋焼酎「しきね」です。
夫のガソリンです。


海遊び


楽しい海遊び

楽しい海遊び


二日目も大浦海岸で海遊びをしました。

長女はスノーケリングにはまっています。
まだ泳げないのに、腕浮き輪を付けて、ずっと海の中を観察していますよ。

泳ぎ方を見ていると、犬かきみたいな動きで疲れそう。
近いうちに、きちんと水泳を教えないといけませんね。

次女は浮き輪でぷ~かぷか。
私が貝を拾ってくると喜びます。



キャンプ場そばの大浦海岸

キャンプ場そばの大浦海岸


大浦海岸です。
キャンプ場から降りるとすぐに海なのです。


ゾウさん岩

ゾウさん岩


大浦海岸の磯にある、象さん岩です。
横向きのゾウに見えますか?
水を飲む馬という説もあります。

後編につづく

広告

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です