[長女のパティシエ修行] #4 桜メレンゲ

桜メレンゲ

桜メレンゲ


長女のパティシエ修行<第四弾>は、レシピブック「ミラクルかんたん!スイーツマジック ① ハル」より、桜メレンゲを作ります。

薄いピンク色で、とにかく可愛くて、親子で惹かれたスイーツです。

材料はシンプル。
主な材料は、卵白とグラニュー糖。その他にカラーリング用の色粉と水が必要です。
真っ白で良ければ、材料二つだけで済みます。



卵白を泡立てる次女

卵白を泡立てる次女


まずは卵を割って、白身と黄身を分けます。

黄身をつぶさないように、白身を取り分ける。
これが結構難しい!幼児にとってはドキドキの作業です。

長女はトライしたものの、黄身が裂けて、白身に少し混じってしまいました。
スプーンですくい取って、白身の準備完了です。

その後はひたすら泡立て~!



メレンゲ泡立て中

メレンゲ泡立て中


カシャカシャと、卵の白身を泡立てていきます。
結構疲れる作業なので、みんなで分担しながら頑張ります。

泡立って来たら、グラニュー糖を少しずつ加えて、さらに混ぜます。



泡立て失敗

泡立て失敗


いきなり失敗しました。
いくら頑張っても一向に泡立たず、写真のトロトロ状態のまんまです。

失敗の原因は何でしょう?
グラニュー糖を入れるタイミングが早すぎたのかな。

力尽きた私は、もう一度白身を計量することにしました。
やり直し!



泡立て二回目

泡立て二回目


腕が疲れてしまったので、二度目は電動泡だて器を使いましたよ。

電動のものは、まだ娘は使えません。
角度が変になると、そこら辺中にクリームが飛び散ってしまいますから。

今度は機械で一気に泡立てて、グラニュー糖を入れるタイミングを遅くしてみました。
やっぱり角は立てられなかったけど、さっきよりはマシな仕上がり。
ソフトクリームくらいの、ゆるいメレンゲです。


色粉でピンクに着色

色粉でピンクに着色


色粉を使って、うすピンクに着色します。



メレンゲを絞り出す

メレンゲを絞り出す


色が完全に混ざったら、絞り出し袋に入れて、天板に絞り出します。

これもなかなか難しい。
ニョロニョロと暴れるメレンゲ。



失敗メレンゲは、オレンジに着色

失敗メレンゲは、オレンジに着色


失敗メレンゲは、オレンジに着色します。



生地が緩く、丸く広がります

生地が緩く、丸く広がります


生地がゆるゆるなので、丸く広がってしまいます。
既に隣とくっ付いてますね。

全部絞り出したら、低温(100度)のオーブンで90分間焼きます。



100度で90分焼きます

100度で90分焼きます


出来上がり!



うすピンクのメレンゲ

うすピンクのメレンゲ


薄ピンクのメレンゲが完成~!
少し膨らんで、丸っこくなっています。



失敗メレンゲも、焼くといい感じ

失敗メレンゲも、焼くといい感じ


失敗メレンゲも、いい感じに仕上がりました。
マカロンみたい。円形も良いんじゃない?



でーきたっ!

でーきたっ!


出来上がったメレンゲの可愛さと美味しさに、上機嫌な長女です。
私も、今までで一番出来が良いと思いますよ。

卵白と砂糖というどこにでもある、普通の材料を使って、これだけ繊細で上品なお菓子が作れることに感動しました。卵と砂糖がこんな風に化けるなんて、魔法のようです!

今度はもっと上手に泡立てられると良いね。
材料がシンプルなだけに、腕が問われるお菓子なのかもしれません。


湿気ないように保存

湿気ないように保存


メレンゲは湿気を吸いやすく、すぐにべた付きはじめます。
湿気ないように、乾燥剤を入れて、密閉容器に保存しました。

多分2~3日のうちに食べてしまうでしょう。
カリサクッとした食感と、素朴な味が、後を引くお菓子なのです。


広告

コメント

  1. 金曜の寒梅 より:

     お嬢さん方の写真を見せていただいて、私の子供達のことを思い出しました。地理的に上野公園、浅草は近くですから、数十回この両方に連れて行きました。雷門から浅草寺にかけてを仲見世と言いますが、並行して裏道があり、ここにも名店が並んでいます。今も繁盛している煎餅屋さんがありその場で焼いて食べさせてくれるのです。何時も一枚づつ買って、無作法ですがそこで子供達に食べさせました。勿論、親達もそうです。田舎では、ふがわるいと顰蹙を買うところです。
     帰って来て子供部屋が静かなので覗くと、菜箸で紙の煎餅の生地をひっくり返す作業を黙々と二人で続けていました。生地は自分たちで作ったのでしょう。故郷ではこちらの煎餅のことを、草加煎餅と言いましたかね、時々故郷に送ります。浅草では入山の煎餅が有名です。安くてうまいお薦めは、根岸にある手児奈煎餅です。万葉集にも出てくる真間の手児奈から頂いて商標登録したようです。

    • ヒナ より:

      「ふがわるい」久しぶりに聞きました。懐かしい言葉ですね。
      私も良く言われた気がします…。

      子供達は、見たものをすぐに遊びに取り入れますね。
      吸収力がすごいです。

      「手児奈煎餅」がオススメなんですね。
      覚えておきます。

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です