巨大な柑橘!鬼ゆず(獅子ゆず)が香川から届く

鬼柚子(獅子柚子)が届いた!

鬼柚子(獅子柚子)が届いた!


開けてびっくり!すんごい大きい!!
立派な鬼ゆずが、香川の親戚から届きました。
ありがとうございます!

もう開けた瞬間から、子どもたちは大喜び!
見たことも無い、凸凹の大きな柑橘にテンションあがりまくりで、
讃岐弁で言う「さいあがっとる」状態になってます。



幼児の顔ほどもある鬼ゆず

幼児の顔ほどもある鬼ゆず


抱えたり、転がしたり、投げたり(こら)
どんだけ持てるか競ったり。楽しいね。



子ども達も大喜び!

子ども達も大喜び!


次女は、小さめの鬼ゆずを両ほっぺにあてて、歌い踊っています。
鬼ゆずのうた?

見た目のインパクトもすごいけど、香りも良い鬼柚子。
普通の柚子の香りとはちょっと違って、はっさくとか夏みかんみたいな感じです。
部屋に置いておくと、良い香り~♪

お正月に飾ろう~!
お風呂に入れるのも良いね。大きな柚子を浮かばせて♪

あとはお料理に使うかな。
白い部分も使って、ドレッシングにすると美味しいと、近所の方に聞きました。
いろんな使い方考えてワクワクする~。

鬼柚子の皮でピール作り


鬼ゆずの断面

鬼ゆずの断面


鬼柚子は、皮がとても分厚いのです。
表面の黄色い粒々も、普通の柑橘と比べると大きいですよね。
縦に長い感じ。

まずは一口、生の皮を味見してみたら、美味しい~!
苦味は薄く、黄色いプチプチには、フレッシュな果汁が詰まっていて爽やか!
意外です~皮もこんなに美味しいとは。

白いワタの部分は、砂糖で煮ると、天然ゼリーのように美味しくいただけます。
大きめの実の皮を1.5個分使って、ピールを作ることにしました。



鬼柚子の皮でピール作り

鬼柚子の皮でピール作り


皮は苦味が少ないので、大人用なら、そのまま砂糖で煮ちゃってOKだと思います。
柑橘の苦味も、少々なら美味しいアクセントになります。

我が家は子どもに食べさせたいので、一度茹でこぼして、苦味を取り除いてから調理しますね。

写真は、鬼柚子の皮を茹でているところ。
苦味の強い皮だと2~3回茹でる所、鬼柚子は1回で十分でした。



鬼柚子ピール

鬼柚子ピール


苦味を取り除いた後、同量の砂糖と少量の水で煮込みます。

じっくりコトコト、朝、昼、晩と短時間ずつ火を入れて、1日かけて煮詰めていきました。
煮詰まったら、さらに水気を飛ばすために、低温オーブンで乾かします。

ある程度水気が飛んだら、グラニュー糖をまぶして完成~!
分厚い鬼柚子ピール、美味しくできました。

広告

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です