助産師検診

今日は助産師さんの検診だった。
8ヵ月の時、お腹の張りを見のがさず、切迫気味だったのを発見してくれた方だ。

その時は、すぐに先生を呼んでくれて内診。
結果、子宮頚管が3センチになっていて、投薬&自宅安静という指示が出た。
あのまま気が付かず、毎晩スクワットしてたら、多分もう生まれてたと思う。
なんせ初産だから、どの程度お腹が張れば危険なのかとか、どのくらい動いて良いものかとか、良い加減が分からない。

助産師さんの一言が無かったら、家で安静にする権利も無かった。
私がいくら「しんどい」と言っても、家事も何もしないで一日中寝ていたら旦那は機嫌が悪い。
専門家の一言があってこそ、なんだ。
今日は、あの時は助けていただきましたとお礼が言えて良かった。

で、検診結果。
初めて尿タンパクが出た。
もう、なんだか妊娠トラブル総なめかよって。
±だから、そんなに心配することはないけど、身体に負担がかかりはじめているらしい。

最近ものすごくだるくて、眠かったのはそれか。
朝起きて、顔がかなりむくんでいた日もあったしな。

疲れた時は休んで、体調の良いときだけ運動。
あとは塩分を控える。
このくらいしか対策は無い。
要は、自分の身体と対話して、リズムに合わせていけば良いとのこと。
そういうのは得意だ。

そして赤さんは、どうやら3キロある。
普通より、1週間ほど成長が早いようで、もう生まれても全く問題ないらしい。
そういや、生理の日から数えた予定日は、10月4日だったような。
胎児の大きさで14日に変わったけど、その辺も関係あるのかもしれない。

子宮口は閉じているけど、かなり柔らかくなっているそうだ。
陣痛きたら、すんなり開いてくれそう。これは嬉しい。
出産が近づいてきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります スポンサーリンク