義父のポケットから出てきた古い鉄道切符

昭和48年の切符、琴平から観音寺ゆき

昭和48年の切符、琴平から観音寺ゆき


同居している義父が、忘年会に来て行こうと数十年ぶり(?)に引っ張り出してきたコートのポッケから、こんなものが出てきた。

昭和48年10月発行の鉄道切符。

驚いたことに、観音寺というのは、私の生まれ育った町だ。

ご縁というかなんというか、ちょっと運命的なものを感じてしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります スポンサーリンク