長女の幼稚園選び・入園手続きスケジュール(11月)

面接用の服

面接用の服


11月は幼稚園選びの本番。
面接、合否発表、入園手続きなど、何かとバタバタ忙しい。

11月 願書提出・合格発表など


11月1日
<区立幼稚園 願書提出>
願書の受付は、11月1日・11月5日の2日間。
両日とも、受付時間はわずか1時間半(13:30~15:00)しかない。
添付書類として、子どもの住民票の写しが必要。

提出は夫にお願いした。
時間ちょうどに行ったら、既に10人くらい並んでいたらしい。
願書と引き換えに、番号入りの「入園申込受付票」と、受け入れが決まった際に必要になる書類をいただく。
15分ほどで手続き終了。

<私立幼稚園A 願書提出&面接>
15:00より願書受付、その後面接。
このときばかりは夫婦でスーツ、娘もきちんとした服装で行く。

まずは入口で、①整理券 ②願書 ③質問書 ④面接料振込証明書を提出。
教室でしばらく待機してから、面接タイム。
最初に子どもだけで15分、そして親子で15分。

子供の面接は、10人くらいで一緒に行う。
子供の話では、先生の質問に答えたり、指示に従って行動したり。
誕生日を聞かれ、誕生月により3グループに分かれて、それぞれ別のおもちゃで遊んだようだ。

その後、親が呼ばれる。子供一人につき親一人が入室。
親が来たら、子ども達はおもちゃのお片づけ。
片づけが済んだら、椅子を半円形に並べて、親が子供をヒザに乗せて座る。

みんなで一緒に手遊びしてリラックスしてから、先生が親に一つずつ質問する。
「お子さんの好きなところはどんなところですか?」
「おうちではどんなことをして過ごしていますか?」
「最近、お子さんの成長を感じたのはどんなことですか?」
こんな感じで、簡単な質問のローテ。

全員答え終わったら、先生からお土産をもらって面談終了。

自分への質問を想定してなくて、緊張で変なことを口走ったような気がする。
帰り道トボトボ歩きながら、私のせいで娘が落ちたらどうしようと暗くなる。

11月2日
<私立幼稚園A 結果発表>
9:30~10:00 幼稚園玄関にて整理券を提示し、結果の入った封書をいただく。
入園許可証が入っていた、合格!

面接の親の返答は、そこまで重要じゃなかったようだ。
「そーだよね!幼稚園行くのは娘だもんねっ!」と、急に元気になるわたし。

一旦帰宅。
私立こども園に、面接キャンセルの電話を入れる。

<私立幼稚園A 誓約書提出&制服採寸>
10:30~12:00
在園誓約書に記入&捺印して、再度幼稚園へ。
書類を提出後、制服のサイズ合わせ。

冬服から夏服から体操服から水着から上履きから、全部合わせるのが大変!
0歳児を連れて行ったもんだから、かなり手こずった。

採寸が終わると、制服&保育用品を購入予約して、合計金額を算出してもらう。
最低限頼んで、だいたい6万円弱。後で洗い替え分も注文せねば。
制服の受け取りは12月半ばの予定。代金支払いはそのとき。

とりあえず、入れる幼稚園を確保できて、すご~~~く気が楽になった。
気が抜けすぎて、翌日寝込む。ほんと疲れたー!
いくつになっても面接ってやだね。

11月5日
<私立幼稚園A 入園金振込>
10:00~11:30 
入園金は13万円、指定の用紙で振込を済ませる。
その後、入園金振込受付証明書と整理券を幼稚園に持参して、スタッフに確認してもらう。

11月7日
<区立幼稚園 入園申込状況UP>
区HPに「区立幼稚園入園申込状況」がアップされる。

希望幼稚園は、30名の募集に対し、45名の申込み。
定員は35名に拡充されるだろうから、落ちるのは10名ほどか。
辞退する人も居るだろうし、とんとんくらいに落ち着くのかな?

第二希望だった園は、定員の約2倍の申込があったようだ。

11月12日
<区立幼稚園 公開抽選の決定>
区HPに「平成26年度区立幼稚園 公開抽選の実施について」がアップされる。

今年度は、すべての幼稚園で申込者数が定員を上回り、定員拡大されていた。
拡充後にも、申込者数が定員を上回っている場合は抽選になる。

第一志望、第二志望の幼稚園は、やはり公開抽選になった。

11月15日
<区立幼稚園 公開抽選会>
午前10時より、区庁舎にて実施。
抽選結果は、当日正午まで抽選会場に掲示。
また午後2時ごろ、各幼稚園の掲示板と、区HPにアップされた。(~18日まで掲示)

私は「平成26年度区立幼稚園抽選結果について」をネットで確認。
合格してた!やったあ~!

補欠になった場合は、辞退届が出次第、順番に連絡をいただけるとのこと。

11月22日
<区立幼稚園 面接>
入園予定者は、幼稚園にて親子面接を受ける。
受付番号順に3組に分けられ、約1時間ごとに集まる。

私たちは最初の組で、13:15に受付スタート、面接は13:30頃から始まった。

最初に、子供たちのみ10人ほど入室して遊戯面接。
子供の話では、まっすぐな線の上を歩いたり、マットの上をぴょんぴょん飛んだり。
ブロック遊びやお絵かきもしたようだ。基礎的な身体能力と言葉の理解力を見たのかな。

その後、子どもが一人ずつ帰って来るので、園長先生と三者面接へ。
持参した書類(幼児教育資料・調査票)は、直接提出する。

まずは園長先生より子供に質問。
ハミガキはできるか、トイレは一人で行けるか、箸を使って食事できるかなど、生活一般について。

次に、書類を見ながら親へ質問。
家族構成のこと、通園方法、延長保育の希望などを聞かれた。

一通り確認してから「正式に入園を許可します」とのお言葉をいただいた。
これで区立幼稚園の入園が決定!良かった~。

11月25日
<私立幼稚園A 辞退連絡>
週明け、私立幼稚園に入園辞退の連絡。

申し訳ない気持ちで電話して、公立に決めたと伝えると「おめでとうございます!」と言ってくれてほっとした。
入園予定の公立幼稚園をお伝えして、辞退手続き書類を送付していただくことに。

転勤、転居、公立幼稚園、公立保育園の入園が理由で辞退する場合は、入園金は返金されるそうだ。

11月26日
<私立幼稚園A 辞退書類到着>
先だって提出していた在園誓約書と、辞退届、返金用書類が届く。
切手を貼った返信用封筒まで入っていた。恐縮。

広告

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です