3歳児検診で虫歯が見つかる

前歯の裏に虫歯ができた

前歯の裏に虫歯ができた


ショックです。3歳児検診で娘に虫歯が見つかってしまいました。

前歯の裏、二本の歯のちょうど真ん中あたり。
口の中を覗き込んでも、ちょうど死角になっていて見えづらい場所です。
歯医者さんで写真を撮って、モニターで拡大してみたら、しっかりと茶色い穴が開いてました。

悲しいです、これはもう完全にわたしの所為ですね。
頑張って歯磨きしてたつもりでしたが、うかつでした。

甘いものを早くから与えてしまったこと、食器類を大人と共有してしまったこと、おやつの後の歯磨き、口中のケアが不十分だったこと、フッ素を塗らなかったこと。反省点は多々あります。

なるべく早く歯医者へ行ってくださいと言われたので、実家の近くで、幼馴染が開業した歯科へ行ってきました。

結果、削る治療はしない方が良いという診断。
乳歯は水っぽく柔らかいので、今削って詰め物をしても、たぶんすぐに取れてしまう。取れてしまったら、またさらに削って埋めないといけない。そうなると虫歯で歯を失うよりも早く、状態が悪化する可能性が高い、とのこと。

歯を定期的にケアしながら、具体的には3ヶ月に1度フッ素を塗りながら、虫歯予防をしていきましょうと指導されました。それから、食器類は大人と共有しないことも大切だと。これからでも遅くはないから、今後の努力次第で改善できますよと言ってくれました。ううう(涙)頑張ります。

歯医者さんに行ったり、私の落ち込み様を見たりしたからか、娘も以前のように歯磨きを嫌がらなくなりました。私にも真剣さが足りなかったのかもしれません。

これから、歯磨き楽しくなるグッズを、いろいろと揃えてみようと思います。

(追記)
その後、東京の歯医者さんで、虫歯治療しました。
まだ初期だったので、削っても痛がらず、スムースに治療完了。
ついでに、上下左右の奥歯4本に、シーラントを施してもらいました。
こんな良いものがあったんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります