活きワタリガニの調理方法(しめ方・ゆで方)

旬の活きワタリガニ(ガザミ)を〆て、調理したのでメモ。

旬のワタリガニが並ぶ、スーパーの鮮魚売り場

旬のワタリガニが並ぶ、スーパーの鮮魚売り場


1月の香川、地元密着型スーパーの鮮魚売り場にある、ワタリガニコーナーです。
カニは生きていて、元気に動いていますよ。メスが子を持っている冬期が、ワタリガニの旬なんですね。

小ぶりなワタリガニを、みそ汁の出汁にしたことはあるんですが、大きなワタリガニを食べたのは最近のこと。
その美味しさには驚きました。

冷凍モノとは違って、身の味が濃くて、カニ味噌たっぷり、卵もこってり濃厚で、すごく美味しいんですよ。
これは酒のつまみに良さそうだと直感。酒飲みの夫が香川に来たときに、料理することにしました。

メス2匹で、2,880円でした

メス2匹で、2,880円でした


メス2匹で、2,880円でした。大・中・小で言うと、中の上くらいのサイズです。
ビニールの中でガサガサ動いています。

ワタリガニのしめ方、茹で方など

ワタリガニのしめ方、茹で方など


活きカニは、まずしめてから茹でます。
そうすると、足がバラバラにならずにキレイに茹で上がるそうです。

売り場にあった調理マニュアルには、3つの締め方が書いてありました。

その1「水の中に10分浸す(氷:水=6:4)」
その2「カニのクチに千枚通しなどの鋭利なもので一気に突き刺し、くるっと何度か回転させて確実にしめます。」
その3「カニをそのまま冷凍庫に30分入れる」

調理は初めてなので、鮮魚担当の店員さんにやり方を聞いてみました。
その3の ”冷凍締め” がオススメだそうです。

連れ帰ったワタリガニ

連れ帰ったワタリガニ


だだん!家に連れ帰ったワタリガニ姉妹です。
けっこうでかくて迫力あります。生きてるし。

指挟みを防止するために、はさみの下部分はカットされていました。
はさみを切ってあるカニは、海水が体内に染み込んでいるので、真水から茹でます。

渡り蟹メスのハラ

渡り蟹メスのハラ


メスの腹です。
お腹の三角部分 ”ふんどし” の幅が狭いのがオス、広く丸みを帯びているのがメスです。

店員さんの教えてくれた、冷凍庫〆でやってみます。
30分間冷凍庫に入れました。
出してみたら、まだ生きてた。ゆっくり、じわじわ動くんです。

カニの口に千枚通しを刺して〆ます。はさみの部分を切ってあるカニは真水で茹でます。

カニの口に千枚通しを刺して〆ます。はさみの部分を切ってあるカニは真水で茹でます。


息の根を止めるため、続いてその②の方法をトライ。
準備するは千枚通し。

マニュアル通りに、カニの口に千枚通しを差し込んで、何度か回転させました。
じわじわ動いていたカニが、激しく動き始めます、ひぃぃぃぃぃ!!

始めてしまったことですから、最後までやり通さなければなりません。
千枚通しを思いっきりガシガシグリグリ動かして、カニの頭部の破壊を試みます。
カニも精一杯抵抗します。私はぎゃあぎゃあ叫びながら、カニの頭部をめちゃくちゃにしました。

しかし、それでも死にません。
皆さん、ワタリガニはしぶといです。

頭部がほぼ空洞になったにもかかわらず、未だにじわじわと動くカニ。
完全に戦意喪失した私は、もうなんだかどうでも良くなって、カニをエイヤッと鍋に放り込みました。
足がばらばらになったからって何だよ!(涙目)

茹であがった…足バラバラ…

茹であがった…足バラバラ…


お腹を上にして、カニが浸る程度の水から茹でて40分。
ワタリガニが茹で上がりました。

煮え立つ湯で苦しんだワタリガニの足は、案の定バラバラ。
美しく盛り付けられず、見た目は残念な感じになってしまいました。

冷凍じめする場合は、時間を多目に見積もって、完全に動きが止まるまでやりましょう。
きちんと、やりとげましょう。←ここ重要

カパっと開いたところ

カパっと開いたところ


カニの甲羅をパカッと開いたところです。
かに味噌にまみれた、オレンジ色の卵が見えます。うまし。

白身の部分は少ないけど、弾力があって美味しいよ。

カニ味噌と、卵がおいしー!

カニ味噌と、卵がおいしー!


甲羅の横のとんがってる部分にも、卵が詰まってます。忘れずにほじくりましょう。

翌朝は、カニの茹で汁でみそ汁を作りました。
これが絶品でした!茹で汁は絶対に捨てないように!

広告

こんな記事もあります

コメント

  1. イマジン より:

    はじめまして
    茹で上がるまでの工程楽しく読ませていただきました。
    今日ワタリガニを買ってきました。買っては見たもののどうしたものか?
    と思案した末、ここへたどり着きました。

    連れて帰って新聞紙を広げて輪ゴムを外してしばらく遊ばせてもらいました。
    兵庫県の相生あたりで採れたものらしく、ハサミは切ってありませんでしたので、
    指を2箇所負傷しました。
    写真撮って・・動画撮って・・拝んで・・いま冷凍庫に入っています。
    夏場ですしオスですから味はイマイチかもしれませんが、
    今晩しっかり頂きたいと思っています。
    ありがとうございました。

  2. ヒナ より:

    はじめましてイマジンさん、コメントありがとうございます!
    相生のワタリガニですか、同じ瀬戸内海の向こう側ですね。

    元気に生きていたカニさん、ハサミは危ないですね。
    どうかお大事に。
    記事楽しんでいただいて嬉しいです。
    また遊びに来てくださいね。

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です