出産の記録【入院2日目】三豊総合病院

2012年11月、香川県観音寺市にある「三豊総合病院」で、第二子(女の子)を里帰り出産しました。
出産当日から退院まで、入院6日間の記録です。


出産の翌朝


朝7時起床、血圧測定、異常なし。

昨夜は、よく眠れなかった。
出産という強烈な体験をしたせいか、床についてからも、何度もその情景がよみがえって、自然と身体に力が入る。

子宮が収縮する痛みもきつかった。
寝返りをうつたびに、子宮がキューッと収縮して目が覚める。陣痛のはじまりくらいの痛さ。2~3回収縮すると治まって、眠りにつく。そしてまた30分から1時間後に寝返り→収縮。こんなサイクルを一晩中繰り返して眠れない。初日の夜くらい、我慢せずに痛み止めをもらって、ゆっくり休めば良かったと後悔。

7時過ぎに夫からメール。
寝台列車で四国に到着、坂出から各駅停車で観音寺に向かうとのこと。
わたしが産気づいて電話で連絡してから、その日のうちに香川に向かおうとしたものの、飛行機も深夜バスも予約でいっぱい。新幹線では途中までしか来られそうにない。仕方なく、朝イチの新幹線をネットで調べていたら、香川行きの寝台特急「サンライズ瀬戸」を見つけたそうだ。奇跡的に1席だけ、個室の寝台が空いていたらしい。ラッキーだったね!

朝の回診で、担当医の先生と話す。
「きのうは、早かったですね~」と笑顔。いつも変わらず、おだやかな物腰の先生だ。
患者さん一人一人にやさしく声をかけながら、回診する先生が菩薩に見えた。

赤ちゃんが気になる、元気かな。今日は保育器を出られるかな。

9時になったら、赤ちゃんを見に行こうと思っていたのに、お腹が痛くて起きられない。朝食後に飲んだ薬のせいか、子宮がぎゅうぎゅう収縮している。9時半頃、耐えられなくなって痛み止めを頼む。飲んだら30分ほどで楽になり、1時間休んでリフレッシュできた。

赤ちゃんに会いに行く


10時半、新生児室の赤ちゃんに会いに行く。
すやすや寝てた。午前中に1度ブドウ糖液を飲んで、はじめてのうんちも済ませたらしい。

まだ保育器の中だけど、酸素の量は、もう通常に戻しているとのこと。
これから小児科医に診てもらって、OKがでたら保育器から出られる。たぶん午後には出られますよ、と助産師さん。

保育器のサイドに付いている、2つの小窓から両手をさし入れて、我が子に触れた。
柔らかくて小さい!手も足もすごく!長女より200グラムほど大きいんだけどね。わたしのことが分かるかな?

髪の毛は黒々としている。耳は私似?目と鼻は夫かな。背中と肩の産毛がふわふわ。
なぜか観察モードになっている。そういや長女のときも、怒涛のように”かわいい”って感情が湧いてきたのは、生後2か月頃だったかな。

まだお風呂に入ってないので、胎脂で髪の毛がぺたぺたしている。保育器を出たら、すぐにお風呂に入れてくれるそう。授乳もそれからスタートする。元気な次女に会えてひと安心。

入院2日目 昼食


食事は産科食が出る。1日2,100kcalの、おいしい母乳が出るメニュー♪
今後の参考に、献立を記録しておくことにした。

今回の妊娠では、12キロも太ってしまった!
健康的なメニューでしっかり栄養をとりつつ、母乳育児で自然に減量したい。
出産で体重は6.5キロ減ったから、あと半分くらいは贅肉。時間をかけて徐々に減らしていこう。


入院2日目 昼食

入院2日目 昼食


梅ごはん
焼魚
かき玉汁
ブロッコリーとかにかまの和え物
オレンジ

ブロッコリーは、妊婦生活でやたらと好きになった野菜。
塩ゆでだけで、一房ペロッと食べられるくらい好き。めっちゃ美味しいわ~。


安心して座れる椅子

安心して座れる椅子


食事の時、腰をずらすようにそおっとベッドに座る私を見て、助産師さんが持ってきてくれたイス。
この椅子じゃないと、まともに座れません。

夫が到着

平日の面会時間は13時からはじまる。
夫が一番乗りで来てくれた。母と娘も一緒。娘の目は少し腫れぼったい。昨夜の名残か。
それでも、久しぶりにお父さんに会えたから、機嫌は上々。「昨日はひとりで寝たんだ~!」と自慢するので、すごいねえと褒めたら、誇らしげにエッヘン!と胸を張る。ひとつ試練を乗り越えたようで、母はうれしい。

みんなで新生児室へGO!
保育器から出て、新生児用のベッドに寝ている次女。
お風呂に入って、さっぱりした顔をしている。きれいなお顔で、お父さんと初対面できて良かったね。

「この子はねえ、わたしの妹なの!」と、そこいら辺中に話しかける娘。
妹を紹介した後は、「○○ちゃんです!3歳!(手は3)」と自己紹介も忘れない。
長女は、自然とお姉ちゃんになっていくみたい。

母乳育児スタート



ベビースケール

ベビースケール


さてさて、保育器から出たので、授乳がスタートです。

<授乳手順>
①授乳室の入り口で手を洗う。
②おしめ確認、汚れてたら換える。→①
③ベビースケール(計量機)にペーパーを敷いてから体重測定。メモっておく。
④授乳
⑤再度体重測定。授乳前の体重からの増減で、母乳の量を計る。
⑥おしめ確認、汚れてたら換える。
⑦体重の増減と、排せつ状況を助産師さんに伝えて、記録してもらう。
⑧助産師さんの指示があれば、ミルク・ブドウ糖液を足したり、搾乳したり。

はじめての授乳。
最初の10分くらいは、なかなか乳首を口に含むことができなかった。
上手く咥えてからは、すぐに吸いはじめた。生まれたばかりの赤ちゃんだけど、けっこうパワフル。
こうやって赤ちゃんに吸ってもらうことが刺激になって、母乳の準備が促される。
早く、出るようになるといいなあ。

入院2日目 夕食



入院2日目 夕食

入院2日目 夕食


ごはん
だんご汁
豚肉の回鍋肉風
そぼろいため煮
コールスロー
たらこふりかけ

だんご汁、母乳用メニューかな

だんご汁、母乳用メニューかな


昔から母乳が出るって言われてるだんご汁。
美味しい♪


カルシウムとマグネシウムが入った、たらこふりかけ

カルシウムとマグネシウムが入った、たらこふりかけ


ふりかけは、カルシウムとマグネシウムが入ったもの。


書類作成・出生証明書ゲット



沐浴見学・実施申込書

沐浴見学・実施申込書


夕食後、書類を作成して、提出。

・新生児聴力検査申込書(要印鑑)
赤ちゃんが眠っている間に音を聞かせて、脳波の反応で聴力を調べる検査。
所要時間3~8分ほど、費用は7,000円(保健適応外)。

・先天代謝異常検査依頼書(要印鑑)
生まれつき、ある種の酵素が不足していないか検査し、代謝異常の早期発見と治療を行うための検査。
赤ちゃんの足の裏から、ごく少量の血液を採取して行う。
検査の費用は公費負担、採血料は自己負担。

・沐浴見学・実施申込書
赤ちゃんの沐浴を見学しながら。やり方を教えてもらう。
その後、指導のもと、実際に自分の子をお風呂に入れる練習。
費用は無料。

明日、夫と一緒に沐浴指導を受けることにした。
夫ははじめて、次女に触れることになる。

週末には、夫は東京に戻る予定。
居住地に出生届けを出すため、本来なら退院時に受け取る「出生証明書」と「母子手帳」を早めにいただいた。

産褥体操



産褥体操テキスト

産褥体操テキスト


助産師さんに、産褥体操をはじめるように指導される。

彼女が、スパルタ鬼教官に見えた。
今は寝返り打つのも大変。あっちゃこっちゃ痛いところだらけで、体操なんてしたくない…。
微妙な表情で伝わったのか「きつかったら、まずは足首を回すところからで良いです」と言ってくれた。

足首の次は、仰向けになって、立てたヒザを左右に倒したり、腰を上げて左右に振ったりする。
これも身体の回復を早めるため。ぼちぼちやっていこう。

入院中の飲み薬



これから5日間、毎食後に、子宮を収縮させる薬と、抗生物質を飲みます

これから5日間、毎食後に、子宮を収縮させる薬と、抗生物質を飲みます


これが、入院中5日間飲むことになったお薬。

青いのが、子宮を収縮させる薬「パルタンM錠」
白いのが、抗生物質「ペングッド錠」


パルタンM錠0.125mg

パルタンM錠0.125mg


パルタンM錠0.125mg、食後に1錠。


ペングッド錠250mg

ペングッド錠250mg


ペングッド錠250mg、食後に1錠。

23時に床についたが、お腹が痛くて鎮痛剤をもらう。
子宮収縮の痛みは、第二子以降の方が強くなるみたいだ。

広告

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です