寝台列車「サンライズ瀬戸」で、東京から香川へ子連れ帰省しました

子供と寝台列車に乗る理由


従妹の結婚式に出席するため、香川の実家へ帰省することになりました。
今回は、夫の希望により、寝台列車で帰ることになります。

寝台列車の理由を聞くと「いずれ無くなるかもしれない寝台列車を、子供達に経験させたかった」と言います。寝台列車って、何か特別な旅情のようなものがありますよね。そんな旅のロマン的なものを感じてほしいと。

もう一つの理由は、実利的なもの。
やっぱり寝ている間に長距離移動できるのは便利です。早朝に到着して丸一日遊べますから。短い日程でも滞在時間を増やせます。

同じく深夜に移動する方法にはバスもありますけど、やっぱり子連れ(二歳&五歳)では厳しいものがあります。まだ幼児ですしね。プライベートスペースが無いのはきついです。確実に他のお客さんの迷惑になります。

チケット購入@みどりの窓口


実は私も、寝台列車で帰省するのは初めてで、ワクワクしています。
香川出身なのに、東京発香川行きの寝台列車があることすら知りませんでした!

みどりの窓口に行くと、あいにくツインの部屋は埋まっていました。というか個室だと、一人部屋の「シングル」と「ソロ」しか空いてません。さらに個室を二つ並べて取れるのは「ソロ」しかない!というわけで「ソロ」を二部屋予約しました。

出発の一か月前にもかかわらず、既に空いてる個室は10室も無かったと思います。
サンライズ瀬戸、人気あるんですね~!

出発の夜


さて出発当日、近所の中華料理屋さんで食事を済ませてから、横浜駅に向かいます。
サンライズ瀬戸が、横浜駅を出発するのは22時24分。
いつもなら、子供達は完全に寝入ってる時間です。

2歳の次女は出発直前まで寝かせておきました。
移動の途中で寝てしまった時のため、おんぶヒモも準備しました。
荷物も多いし、何とか頑張って起きていてほしい…。



サンライズ瀬戸 ソロ二階席

サンライズ瀬戸 ソロ二階席


私たちの心配をよそに、娘達はハイテンションで夜間の移動を乗り切ってくれました。
なんとか列車にたどり着いてホッ。写真はソロの二階席です。

出発ホームには、通勤客と旅行客が入り混じっていました。
日常と非日常が行き交います。

サンライズが到着すると、乗客達が写真を撮っています。
私も撮りたかったんですけど、もう今にも次女がホームに飛び込みそうで怖くて、撮影する余裕はありません。

次女はもうすぐ三歳。
リードをつけたいお年頃です。

親子二人で使うソロ個室


カプセルホテルみたい

カプセルホテルみたい


しかしソロは狭い。驚きの狭さです。
いや一人なら十分なんですよ。うちは子供と一緒ですから、かなり無理があります。

父+長女(5歳)、母+次女(2歳)という組み合わせで、親子二人ずつ寝る予定。
母組はなんとかいけそうだけど、父組は大丈夫なんでしょうか。心配です。



枕と毛布、寝間着もあり

枕と毛布、寝間着もあり


寝床には清潔なシーツがかけてあり、枕と寝間着も付いています。
寝台というか、カプセルホテルみたいな雰囲気ですね。カプセル泊まったことないけど。

一つ気になったのは、寝台の高さです。
眺めを考慮して二階席を選んだものの、寝台と床との落差が思ったよりありました。一応階段が付いてますけど、急こう配で危険です。大体一メートル半くらいの段差を、よじ登るようにして寝台に上がります。

もしベッドから落ちたら、1メートル以上の高低差を真っ逆さまなんです。
大人ならまずそんなことはないと思います。でも2歳児なら十分ありえる。
私は今晩、ベッドの柵になる予定です。



ちょっとした棚

ちょっとした棚


ベッドの側には棚があって、小さなバッグ程度なら置けるようになっています。
ハンガーも付いてます。



車窓からの風景

車窓からの風景


部屋の電気を消して、車窓を眺めながら眠りにつきます。
見慣れた風景ですが、寝っ転がって星空と一緒にみると新鮮です。
おやすみなさい。

翌日の朝


緑がまぶしい朝

緑がまぶしい朝


目覚めてスクリーンを上げると、そこは緑がまぶしい田園風景でした。
ワープしたような感覚です。

昨夜はあまり眠れませんでした。
柵つらい。子供と一緒にソロ利用はオススメできません。



瀬戸大橋を渡ります

瀬戸大橋を渡ります


瀬戸大橋を渡っているところです。
いつだってべた凪な瀬戸内海。

父と一緒に寝た長女は元気そうです。リフレッシュできたのかな。
父組は、頭を交互にして寝たそうです。



ソロ一階席

ソロ一階席


向かいのソロ一階席です。
空いてたので見てみました。

窓は小さいですが、寝台が低くて安定感があります。
次回もし子供とソロに乗ることになったら、一階席を選びます。



サンライズ瀬戸@坂出

サンライズ瀬戸@坂出


坂出に到着しました。
西讃に向かうため、私たちは下車します。

このあと列車は高松に向かいます。



サンライズ瀬戸・高松行き

サンライズ瀬戸・高松行き


坂出で列車をお見送りです。
サンライズ瀬戸、バイバイ!

広告

コメント

  1. 金曜の寒梅 より:

     この記事を興味深く読む人は、同窓生を含め共通の故郷を持つ人々ですね。父が亡くなるまでは、何度かサンライズ瀬戸に乗りました。横浜から乗られたということは、そちら方面にお住まいなのでしょうか。私は、何十年も体型が変わりません。所謂でぶの称号を頂いております。極端ではないと思うのですが、中肉中背ではありません。つまり、睡眠スペースは十分に必要だと体と首から上が要求するのです。サンライズ瀬戸のスペースでは、体を横たえるには足りますが、精神的にリラックスするには足りません。睡眠時間を繋ぎ合わせて故郷に帰ったことを思い出します。
     1970.3.20に上京した時は、高松から宇高連絡船に乗り、宇野で寝台特急瀬戸に乗りました。目が覚めると横浜辺りで眠りが深かったのです。古い古いお話です。

  2. ヒナ より:

    金曜の寒梅さんは、サンライズ瀬戸を何度も利用されたんですね。
    やっぱりスペースは十分とは言えませんよね。でもバスと違って、完全に横になれるのは嬉しいです。

    宇高連絡船懐かしいですね~。船旅も良いものです。
    当時は「寝台特急瀬戸」という列車があったんですね。

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です