[長女のパティシエ修行] #3 カップケーキ

ミラクルかんたん!スイーツマジック ① ハル

ミラクルかんたん!スイーツマジック ① ハル


長女のパティシエ修行<第三弾>は、カップケーキです。

レシピは「ミラクルかんたん!スイーツマジック ① ハル」から選びました。
子供向けの簡単なお菓子の作り方が、たくさん掲載されているレシピ集です。

①は春バージョンで、春らしい可愛い色合いのスイーツが多いですね。
写真も素敵です。本を眺めてると、何か作りたくなってきちゃう!

紙コップカップケーキ

紙コップカップケーキ


長女が選んだのは「紙コップカップケーキ」です。

今回長女は、私の知らないうちに、一人でお菓子を作り始めていました。
材料集めも、計量も、なんとかこなしたようなんですが、途中でトラブルが発生します。

レンジで溶かしバターを作るところで、バターを加熱しすぎて火花がバチバチ散ってしまい、震えるほど驚いたみたい!

「キャー!お母さ~ん!ちょっと来て~!!」と叫び声がして、慌てて行ってみたら、溶けかけたバターを前に呆然とした長女が居ました。

そういえば私も同じ経験があります。バターは一度に一分間加熱するのではなく、数十秒ずつ数回に分けて、様子を見ながらレンジを使えば良いと教えました。

それより驚いたのは、既にケーキのタネが、ほぼ出来上がっていたこと。やるじゃん!
大さじの場所は教えてないのに、どうしたのかと聞くと、小さじ二杯で代用したと言います。小さじは5グラム、大さじは15グラムなので、少々足りませんね。

バターの量も、どう見ても分量より少なかったので聞いてみると、
「え?バターって計るの?」という、衝撃的な返事が返ってきました。

まあ少々分量が違っても、カップケーキならどうにかなるよね。
粉はホットケーキミックスだし、味は大丈夫でしょう。

ここまでほぼ自力

ここまでほぼ自力


紙コップが家に無かったため、シリコン型で作ります。

ケーキのタネを、型に移したところ。
スプーンで少しずつ入れました。

ボールに付いているタネも、シリコンヘラで綺麗にこそげて型に入れました。

紙コップが無かったので、シリコン型で作ります

紙コップが無かったので、シリコン型で作ります


このタネ、次女がスキあらば舐めようとします。
なんとも美味しいみたいですね。お腹壊すわ~。

180度15分で、こんがりいい具合

180度15分で、こんがりいい具合


180度のオーブンで、15分焼き上げました。

オーブン操作はまだ危険。私と一緒に焼きました。

型外しに手こずる長女

型外しに手こずる長女


少し冷ましてから、ケーキを型から外します。

型にくっ付いてしまって、なかなか取り出せません。
バターナイフ片手に、シリコン型と格闘する長女です。

少し油を塗ってから、生地を入れれば良かったですね。

大喜びの次女

大喜びの次女


長女がスイーツ作りを始めて、誰よりも喜んでいるのが次女です。
幸せそう♪

カップケーキ、美味しく出来ました

カップケーキ、美味しく出来ました


カップケーキ、美味しく出来ましたよ。
翌日の方が、しっとりしていて良かったな。

広告

こんな記事もあります

コメント

  1. 金曜の寒梅 より:

     お母さんの元気を、子供達は貰っているのですね。我が家ではそんなことがあったのかどうか、余り記憶にありません。餃子の皮を包んだり、お好み焼きを作ったりという程度ですね。
     本日は、古河庭園に行ってきました。事情があって数年前から一人暮らしですから、決断は簡単なのです。交通費は、通勤に使う定期の区間ですから無料で、驚いたことに連休中は60歳以上の人は入場料が無料でした。もっとも、都営ですから通常でも150円です。庭園を見渡す部屋でコーヒーを飲みながら、読みさしの本を読了しました。シュガーポットはウエッジウッドで、カップも同様でした。コーヒーを運んでくれた大学生くらいの女性に、もう40年以上通っていると話すと驚かれました。
     18歳からの友人で、政治評論家としてよくテレビに出てくる大学教授に大昔に教わったのです。彼は高校二年生からのガールフレンドと結婚しましたが、二人でよく来ていたのでしょう。数年前に、その奥さんを亡くし、すぐに結婚したことにはマスコミで少し揶揄されました。その当時、数日前に亡くなられた塩じいに入籍を勧められたと釈明していました。付け加えると、当然のように彼は母校からの友人ではありません。
     わたしが他の人より少し恵まれているのは、北海道から鹿児島までを故郷とする友人が数多存することです。

  2. ヒナ より:

    日本全国にご友人がいらっしゃるのは良いですね。
    いろんな地方にご縁ができると、毎日が楽しくなる気がします。

    秋の古河庭園でのんびりされたんですね。
    素敵なコーヒータイムと読書、本当にうらやましいです~!
    私もいつか、そんな優雅な時間を過ごしたいです。

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です