【伊豆七島旅行の下準備】東海汽船の株主乗船割引と、車・オートバイ・自転車などの貨物輸送について

2017年夏の家族旅行で、伊豆諸島の式根島に行きました。

島旅への準備として、株主優待を利用したお得な乗船方法や、自転車やバイクを貨物輸送する方法をまとめました。

東海汽船で行く、伊豆七島への船旅

東海汽船 航路図(東海汽船サイトより)

東海汽船 航路図(東海汽船サイトより)

東京から伊豆七島への船旅には、東海汽船が便利です。

乗船場所は、港区にある「竹芝客船ターミナル」
最寄り駅は、近い順に、ゆりかもめ竹芝駅、JR浜松町、地下鉄大門駅です。
電車から降りて10分ほどで、船の旅がスタートします!

他にも、神奈川県(横浜大さん橋・久里浜)、千葉県(館山)、静岡県(熱海・伊東・稲取・下田)など、各地に東海汽船の乗り場があります。

行き先は伊豆諸島の島々。
大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島です。

大型客船と、高速ジェット船

大型客船「さるびあ丸」

大型客船「さるびあ丸」

東海汽船では、大型客船が二隻と、高速ジェット船が四隻運行しています。

大型客船の東京~三宅島~八丈島航路には「橘(たちばな)丸」、東京~大島~神津島航路には「さるびあ丸」が就航しています。
「さるびあ丸」は、夏になると東京湾納涼船に早変わりします!

高速ジェット船「セブンアイランド虹」

高速ジェット船「セブンアイランド虹」


高速ジェット船「セブンアイランド」は、四艇それぞれにド派手なペインティングがされていて、 ”愛” ”虹” ”友” ”大漁” と名付けられています。デザインは東海汽船の名誉船長、柳原良平さん。サントリーのアンクルトリスが有名な絵描きさんです。

式根島には、大型客船「さるびあ丸」か、高速ジェット船「セブンアイランド」で行けます。

わずか3時間半の高速ジェット船は魅力的ですが、ゆっくり休んで朝一から行動できること、電動自転車を持ち込むことを考慮して、今回もまた大型客船で行くことにしました。

出発は夜11時、翌朝の8時に式根島に到着します。

お客様センターで電話予約

乗船予約は、東海汽船のお客様センター(03-5472-9999)に電話しました。

出発の2か月前同日から予約できます。
夏休み期間は混みます。スケジュール決まり次第予約です!

15~20%の割引が効く「ネット予約」もあります。

「特二等室」の二段ベッド

「特二等室」の二段ベッド

行きの船室は、二段ベッドの「特二等室」を予約しました。

カーテンで仕切られた、畳半畳ほどの寝床で、横になって休むことができます。
カプセルホテルみたいなプライベートスペース、枕と毛布が付いてますよ。

出発は仕事を終えてからになるので、船中ではしっかり寝ておきたいところ。

帰りの便は「二等和室」にしました。
午前中に島を出発して、夕方に到着するスケジュールだと、たぶん子供達は寝ません。
じっとしてませんから、雑魚寝部屋で十分です。

一等和室(定員10名)

一等和室(定員10名)

以前宿泊した「一等」和室の写真です。
テレビがあって和めます。相部屋ですが。

株主優待でチケット割引

東海汽船 株主乗船割引券

東海汽船 株主乗船割引券

東海汽船の株主には、株主優待で年に二回、乗船割引券が送られてきます。
夏に使いたい場合は、前年の12月末に権利確定しておきます。

普段は35%、夏の繁忙期は、料金が25%オフになるお得なクーポンです。100株主なら、半期に10枚いただけます。金券ショップ等では、1枚1,000円前後で買えるようです。

片道チケット1枚に対して、乗船割引券が1枚必要です。
3名分の往復乗船券を購入するとき、割引券は3名×2(往復)=6枚用意しましょう。
窓口でチケットを購入する際に提出します。

料金比較表

東京~式根島間、7月の大型客船料金と、株主割引料金を比べてみました。

等級 二等 特二等 一等 特一等 特等
大型客船
さるびあ丸
和室(雑魚寝)or 椅子席※女性専用室あり 二段ベッド寝台(カーテン仕切り) 十名和室(相部屋) 四名洋室(二段ベッド・相部屋) 二名洋室(ツインベッド・ベランダ・シャワー室付)
東京⇔式根島
料金(7月)
7,180円 10,780円 14,370円 17,240円 20,110円
株主優待料金(25%OFF) 5,390円 8,090円 10,780円 12,930円 15,080円
割引額 1,790円 2,690円 3,590円 4,310円 5,030円

※こども(小学生)料金は、大人の半額

二等で1,790円、特等で5,030円の割引になることを考えると、株主乗船割引券が1枚1,000円程度で売買されているのも納得です。お弁当代が浮きますよね。

島へ足(自転車・オートバイ)を持ち込む

昨年は125ccのスクーターと、電動自転車を持ち込みましたが…
今年はなんと、バイクの送付手続きを、すっかり忘れてしまってました!

出発3日前に気が付いて、慌てて問い合わせてみたものの、東海貨物の予約は既にいっぱい。
他の貨物輸送会社(伊豆七島海運)にも当たってみましたが、日程的に難しいことが判明。
結局、島で電動自転車を借りることになりました。

次回のために、予約方法をメモっておきます。

車、バイク、自転車など、伊豆七島への貨物輸送について

伊豆七島への貨物輸送は、三社が請け負っています。

①東海汽船

大型客船と高速ジェット船は、それぞれ受け入れ可能な貨物が違います。

・大型客船

受託手荷物として、自転車や、排気量250cc未満(原付含む)の二輪オートバイを運搬できます。輪行袋入り自転車(三辺の和が120cm以下かつ、総重量20kg以下)は無料です。

大きな旅行用荷物で、三辺の和が200cm以下で、総重量が30kg以下のものは、1個あたり500円かかります。

・高速ジェット船

輪行袋入りの自転車のみOK。
ただし三辺の和が200㎝、または総重量30㎏を超えないもの。

三辺の和が120cm以下かつ、総重量20kg以下なら、無料で持ち込めます。
それ以上なら、料金が1,000円かかります。

輪行袋に入らない自転車は、大型客船の受託手荷物に預けることができます。

②神新汽船

自動車を運びたい場合は、静岡県下田市から神新汽船のフェリーが出ています。

③伊豆七島海運

貨物だけを輸送する場合は、伊豆七島海運に頼むことができます。出発数日前に、行先に応じた営業所に、自分で貨物を持ち込みます。支払いは現金精算になります。

事前に問い合わせが必要です。

大島・利島・新島・式根島・神津島行きなら、
辰巳営業所(03-5569-3700)へ。

三宅島・御蔵島・八丈島・青ヶ島行きなら、
芝浦営業所(03-3451-8311)へ。

東海汽船(大型客船)の受託手荷物について

自転車、オートバイの受け取り場所

自転車、オートバイの受け取り場所

・自転車

自転車の輸送は、1台あたり1,500円。
予約不要。当日、手荷物預所に持参して手続きを済ませます。

ただし、5台以上まとめて預け入れる場合は要問い合わせ。

・オートバイ

オートバイ輸送予約は、原則、乗船日の3営業日前に締切られます。
予約はお早めに、東海汽船貨物グループへ。

排気量250cc未満(原付含む)の二輪オートバイに限定。
横浜発着については、50cc未満原付二輪オートバイのみ。

当日のオートバイ預入締切時間は、
・東京発(全区間)は、20:00~21:00まで
・横浜発及び各島発(新島を除く)は、出航50分前まで
・新島は、出航90分前まで

・予約、問い合わせ先

受託手荷物のお問い合わせ&予約は、東海汽船貨物グループ(03-3452-5431)へ。
営業時間は10:00~16:00、土曜・休日・年末年始はお休みです。

輸送料金表(片道)

東京・横浜発 自転車 50cc未満(原付) 50cc以上~125cc未満 125cc以上~250cc未満
大島 1,500円 2,070円 4,140円 6,210円
利島・新島・
式根島
1,500円 2,430円 4,850円 7,280円
神津島・三宅島 1,500円 2,670円 5,340円 8,010円
御蔵島 使用不可 3,060円 6,120円 9,170円
八丈島 1,500円 3,060円 6,120円 9,170円

御蔵島は【自転車利用禁止】です!持ち込んでも乗れません。

それではみなさん、良い旅を!

by カエレバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります スポンサーリンク