子育て 新生児

母乳育児にピュアレーン

投稿日:2013年3月10日 更新日:

子どもが産まれた翌日から、母乳育児をはじめました。
といっても、母乳はすぐには出てこないんですよ。お乳が順調に出始めるまで、大体3日ほどかかります。

それまで赤ちゃんは、ほとんど出ないおっぱいを、一生懸命吸い続けることになります。お腹が空いているから、ほんとうに全力で吸うんですね。これが痛い!赤ちゃんを侮るなかれ、小さいながらも吸引力はたいしたもんですよ。

私の場合、1日目は子どもに会えて幸せいっぱい、おっぱいをあげるのも嬉しくて、いつまでも吸わせていたい気持ちだったんですが、早くも翌日から状況は一変。赤ちゃんに授乳するたびに苦痛を感じるようになりました。

乳頭がヒリヒリと痛いんです。それでも吸わせないといけない。ガマンして授乳を続けていると乳首が切れます。傷ついてしまうと痛みは増すし、しょっちゅう授乳するもんだから、なかなか治らない。一人目の時の痛みを思い出し、なんとかこれを回避したいと思いました。

授乳室で助産師さんに相談して、勧められたのが、乳首用の軟膏「ピュアレーン」です。

purelan100(ピュアレーン)

purelan100(ピュアレーン)


病院の売店で購入しました。1050円でした。

ピュアレーンは、さく乳器や母乳ボトルをはじめとする ”母乳育児サポート製品” が専門のメーカー、スイスのメデラ社の製品です。

原料は、羊毛の脂「ラノリン」100パーセント。
純度の高い天然のクリームで、赤ちゃんの口に入っても問題ありません。授乳時にふきとる必要が無いんですよ。

黄色い軟膏

黄色い軟膏


ピュアレーンは、黄色い半透明の軟膏です。
粘り気が強く、硬めですね。

匂いは羊臭いです(笑)香料入ってないからね。
塗ってしばらくすると、匂いは消えます。大丈夫。

かなり粘り気があります

かなり粘り気があります


ねっちょり感、伝わりますかねー。
クリームというよりワックスかな。伸びが悪く、塗りにくそうな感じです。

肌に伸ばした直後

肌に伸ばした直後


肌に伸ばした直後です。
テカっているのが分かりますよね。塗ってしばらくはこんな感じです。
浸透しないで、肌の表面をコーティングする感じ。

乳首には、少量ずつ指にとり、そっとたたくように伸ばしました。既に皮膚が傷ついていて、過敏になっているので、やさしく塗ります。しばらくはテカテカしていましたが、5分~10分ほどかけて、ゆっくり浸透していきました。

クリームがなじむと、皮膚が一枚、分厚くなったように感じます!
薄く、ちぎれそうだった皮膚が、しっとりと潤って、保護されたのが分かります。外刺激に強くなるので、授乳の痛みが、かなり和らぎますよ。

塗って直ぐ、皮膚が強くなったと感じる即効性もすごいけど、キープ力もすごいです。一度授乳したくらいじゃ取れない保湿力。あの粘り気は伊達じゃありませんね。わたしは、1日1回、風呂上りに塗ってました。さいさい塗りなおさなくて良いので助かります。

母乳育児セット

母乳育児セット


精製水のコットンと、ピュアレーン。わたしの母乳育児セットです。

ピュアレーンは、母乳育児をはじめて、乳首の痛みに苦しんでるママにオススメ。

痛いのは、だいたい2週間くらいでしょうか。授乳を続けていると、乳首が徐々に慣れてきて、あまり痛みを感じなくなります。それまでの間、乳首が切れないようにケアしておくだけでも、育児のつらさが全然違ってきますよ。

爪に塗ると、しっとり健康的に!

爪に塗ると、しっとり健康的に!


クリームを塗った後、何気なく手に伸ばしてみたら、ツメがキレイになってました。
磨いたように滑らかに、表面がしっとりして、爪が健康的に見えます。

余ったら、保湿クリームとしても使えます。無添加なので、赤ちゃんにも安心。単に潤いを足すだけじゃなく、皮膚を保護してくれるように感じます。水に強いので、水仕事の手荒れ対策にも良さそうです。

メデラ社

-子育て, 新生児
-

Copyright© まいにち道草 , 2018 All Rights Reserved.