100均の紙粘土で花瓶作り

100円紙粘土で花瓶

100円紙粘土で花瓶


100円ショップの紙粘土を使って工作!

真っ白の紙粘土に絵の具を混ぜて、カラフルな色を付けています。
色づけた粘土をさらに混ぜて、違う色を作ったりするのも楽しい。
色の勉強になりますね。

ビーチグラスや貝殻なんかも貼り付けてみました。
昨年の夏、香川の海岸で拾ったものです。

ビックルのガラス瓶を使いました

ビックルのガラス瓶を使いました


ガラス瓶は、ビックルの空き瓶を使いました。

長女(5歳)作

長女(5歳)作


5歳の長女が作った花瓶。
マーブルのぐるぐるがいいね!

次女(2歳)と母合作

次女(2歳)と母合作


2歳の次女と私の合作。
いろいろペタペタくっつけました。

春の花「ハルジオン」

春の花「ハルジオン」


幼稚園帰りに道端の草花を摘んで、活けました。

ハルジオンは薄いピンクで、細く繊細な花びらがきれい。春らしい花。
カタバミは花がしぼんだまま、開きません。
あと黄色いのは、名前が分かりません。

花と葉っぱ

花と葉っぱ


花と葉っぱをイメージした飾り。
花は型抜きで、葉っぱは海で拾った器のかけら。私のお気に入りパーツです。

子どもたちは、だいたい2時間くらい頑張ってましたよ。
特に、色粘土を混ぜることに夢中になっていました。
マーブル模様は面白いよね。

100円紙粘土は、それぞれ1パック使いました。
作り終えた時「もう紙粘土がない!!!」と次女が泣きそうになってたので、また買ってきます。
紙粘土は乾くと白い粉が手に付くので、出来上がった作品には、ニスを塗った方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります