春の伊東旅行・1日目(イルカ触れ合い&さくらの里)

ここ数年、我が家の恒例行事になっている伊東旅行に出かけました。
元々は、義父の誕生日に合わせた家族旅行でしたが、昨年義父が亡くなり旅行はお休みしていました。

今年ははじめて、お爺ちゃんの居ない旅になります。
少々寂しさを感じる私たち夫婦をよそに、子どもたちはマキシマム元気!
時期は三月末、春の訪れを感じつつも、雨が続いて肌寒い日も多かった頃です。

イルカと遊ぶ

ドルフィンファンタジー伊東

ドルフィンファンタジー伊東


夫は、今回の旅のテーマに ”動物との触れ合い” を考えていました。
午前中、イルカと触れ合える「ドルフィンファンタジー伊東」へ。

「ドルフィンファンタジー伊東」では、イルカと一緒に泳いだり、ダイビングするコースもありますが、
まだ子供が小さいので、3月末まで開催していた「餌あげコース」に参加することにしました。

イルカに会う前に、事務所でイルカの生態や、それぞれのイルカの名前や特徴について説明を受けます。
ぬいぐるみや模型などを使った、楽しい講習です。

ドルフィンファンタジー伊東

着替え中

着替え中


説明が終わると着替え。
服が塗れないように、防水ズボンと、ライフジャケットを着用します。

やさしげなワンコちゃんが見守ってくれてます。

イルカの生け簀

イルカの生け簀


服装が整ったら、堤防を歩いてイルカの生け簀に移動。

堤防に囲まれた穏やかな海に、大きなイケスが二つ浮いていました。
一つのイケスに、それぞれ2頭、3頭のイルカが入っているそうです。

ジャンプ!

ジャンプ!


イルカのジャンプ!
至近距離でのジャンプは迫力満点!

水飛沫を浴びるほどの近さでみられる、プライベートイルカショー。
滑らかなイルカの身体の躍動感と、ダイナミックな動きが五感で感じられます。
水族館のショーとは一味違うイルカの演技に大満足です。

お鼻にタッチ

お鼻にタッチ


さて「エサやりコース」がスタート。
イケスのヘリに作られた階段部分に座ります。

寄ってきたイルカの鼻に、長女が恐る恐るタッチ。
まだ腰が引けています(笑)

この後、ヒレや背中、シッポ、頭など、いろんな部分に触らせてくれました。
大きなイルカにビビり気味の娘たちを、お姉さんが少しずつ慣らしてくれた感じ。

私も触らせてもらいました。
イルカの肌の質感は、張りの良いナス!

イルカにエサやり

イルカにエサやり


子どもたちが慣れてきたら、エサやりスタート。
カットしたサバをイルカに与えます。

子どもたちはイルカの口に手を出すのが怖くて、これも恐る恐る。
かなり身体を乗り出さないと、イルカの口に魚が届きません。

隣には、おこぼれを狙って、海鳥が待機しています。
気を付けてないと、バケツから盗まれるそう。

フレンドリーなイルカ

フレンドリーなイルカ


海から顔をだすイルカ、可愛い!
とってもフレンドリーなイルカちゃんでした。

バイバイ!

バイバイ!


最後はみんなでバイバイ~!バシャバシャ~!

さくらの里(大室山)

さくらの里

さくらの里


午後には、大室山さくらの里へ。
まだ早桜の咲きはじめ、ソメイヨシノの季節には早かったです。

大室山

大室山


野焼きの後でしょうか、山が黒い。

長女5歳

長女5歳


桜の花を飾る長女、5歳になりました。

次女2歳

次女2歳


私も私も~!と次女2歳。
お姉ちゃんの真似が楽しいお年頃。

姉妹仲良く

姉妹仲良く


いつまでも姉妹仲良くしてほしいものです。

宿にて

子ども用浴衣に大喜び

子ども用浴衣に大喜び


お宿では、子供用浴衣に大喜び!
ファッションモデルさながらにポーズを決める長女です。

食卓で寝落ち次女

食卓で寝落ち次女


そして食卓で寝落ちする次女。
いっぱい遊んだね、お疲れさま。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります スポンサーリンク