サンリオから「株主ポイント倶楽部」のデータ漏えいのお詫びが届く

突然怪しい金融系の勧誘電話がかかってきて、おかしいなと思っていたんですよね。
あまり使っていないメールアドレスにも、スパムメールがじゃんじゃか来るし。
(両方とも今は止まってます)
そしたら、サンリオのポイントサイトから個人情報が流出したというニュース。ここかと。

サンリオ株主ポイント倶楽部

サンリオ株主ポイント倶楽部


2014年12月にオープンし、翌2015年5月から始動するはずだった「サンリオ株主ポイント倶楽部」現在、運営は中止されています。
サイトは存在していますが、会員登録とログインはできません。

先行登録すると、特典ポイントが1,000pt付くというので、しっかり会員登録してました。
そんな 6,187人分の1のわたくしです。

無事オープンしていれば、ウェブ上で株主優待のテーマパークパスポートを、1枚1,000円のサンリオ商品券に変更できる予定でした。残念です。

クオカード(1,000円)と、テーマパークパスポート1枚

クオカード(1,000円)と、テーマパークパスポート1枚


データ漏えいのお詫びのクオカード1,000円分と、テーマパークの優待パスポートが1枚同封されていました。
優待パスポートは、先行登録特典の1,000ポイント分の代わりです。

お詫びと報告の文書、お買い物割引券引換請求書、返信用封筒

お詫びと報告の文書、お買い物割引券引換請求書、返信用封筒


報告書には、漏えい事件の顛末が記載されていました。

情報を漏らしたのは、サイトの管理運営をしていたインベスターネットワークス株式会社
調査の結果、外部からの攻撃ではなく、元社員が不正に流失させたことが分かりました。

漏れた個人情報は、氏名、住所、性別、生年月日、電話番号、メールアドレスです。
かろうじてログインパスワードはセーフだった模様。あぁ良かった。
まあほとんど全部流出しちゃってますけどね…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります スポンサーリンク