東京湾の人工島にある「川崎・東扇島西公園」は釣りに便利。なんと釣りエサ自販機がある!

お天気の良い日、子供を連れて「東扇島西公園」に遊びに行ってきました。
場所は川崎市の海沿い、首都高速湾岸線が通る人工島「東扇島」にあります。

「東扇島」は、昭和に埋め立てられた島で、現在は川崎港の一部として機能しています。人通りはほとんど無く、物流センターや工場などの巨大な建物が立ち並び、大きなトラックが行きかう殺風景な場所です。インダストリアルな風景とも言う。

そんな中、オアシスのように、緑にあふれた東扇島西公園があります。
公園に入ると別世界です!

西公園マップ

東扇島西公園

東扇島西公園


「東扇島西公園」の地図です。
海辺に沿った、細長い公園になってます。

芝生エリアの展望台

展望台からの風景

展望台からの風景


「芝生エリア」には、小高い丘の上に展望台が二か所あります。
眺めが良くて気持ち良いです。2歳の娘にとってはプチ登山でした。

釣りエリアのウッドデッキ

海岸に沿って「釣りエリア」が長く続いています。
地図上の茶色の部分は、ウッドデッキです。

ウッドデッキ

ウッドデッキ


広々してて、いい感じです。
海を眺めながらお弁当を食べたり、釣りの手を休めてお茶するのに最適なスペース。

釣り人と野良猫

広くて安全な釣り場です

広くて安全な釣り場です


釣りエリア、思ったより広~い!

釣り場は工業地帯の側

釣り場は工業地帯の側


釣り場の向かいは、工業地帯になってます。

濁った海水

濁った海水


海はやはり…あまりきれいじゃないですね。茶色っぽく濁ってます。

こないだ行った、横須賀の「海辺つり公園」と比べちゃうとね。
どうしてもね。

釣りエリア先端

釣りエリア先端


釣りエリアの先端あたりです。

公園の中では、一番海にせり出していて、水深がある場所になります。

魚を食べる野良猫

魚を食べる野良猫


獲物を分けてもらった野良猫。

今回は釣り具を持ってこなかったので、ネコと遊んだりしてます。

のんびり釣り

のんびり釣り


ぽかぽか陽だまりの中での釣りは和みます。

いいなあ~。
自然の中でリラックスするの最高!

釣り場ねこ

釣り場ねこ


ネコさん、たくさん集まってます。

パトロールキャット

パトロールキャット


キャット巡回中!

駐車場の釣具屋さん

黄色い車が目印「勇竿 西公園売店」

黄色い車が目印「勇竿 西公園売店」


「第一駐車場」の一角に「勇竿 西公園売店」と書かれた黄色い車があります。

こちらは、釣具屋「勇竿」さんの移動販売車。
釣り道具や貸し竿(1日1,000円)をはじめ、冷凍エサや生エサ、軽食まで置いてます!
もう至れり尽くせり。

営業時間は季節によって多少変動するようですが、
基本平日は朝8時から、土日は朝7時から営業されています。
店じまいは17時。雨の日はお休みです。

お問い合わせは、勇竿(西公園)直通電話(080-2021-0626)まで。

釣りエサメニュー

本日の釣りエサメニュー

本日の釣りエサメニュー


本日(10月)の釣りエサメニューです。
いろいろ揃ってますね。

・青イソメ 420円
投げ、ヘチ、ウキフカセ、いろいろ使える万能エサ

・ジャリメ 500円
細くて良く動く!キスや小魚に○

・岩イソメ 650円
太くて動きはにぶいけど

・ストロー虫 130円
根魚狙い夜釣りにおすすめ!

・アミコマセ 400円
サビキ釣りサヨリ釣りの必需品

・オキアミ 450円
S~LLまで

・オキアミブロック 1キロ 450円
・オキアミブロック 3キロ 950円
主にウキフカセ釣りのコマセや付けエサにも!

釣りエサ自動販売機

時間外はこちらから、生エサ自動販売機

時間外はこちらから、生エサ自動販売機


移動販売車の営業時間外は、生エサの自動販売機が利用できます!
これはすごい!

わざわざ前日にエサ買いに行かなくても良いんですね。
当日思いつきで夜釣りとか、早朝釣りとかできますね。
便利だなあ。春になったら絶対来よう~!

注意事項

赤とんぼ

赤とんぼ


「東扇島西公園」は火気厳禁。バーベキューや花火はNGです。

バーベキューするなら、近くの「東扇島東公園」にバーベキュー場がありますよ。

広告

こんな記事もあります

コメント

  1. 金曜の寒梅 より:

    帰省されましたか。私は雲辺寺も見ずにこちらで過ごしました。次女は家族で私の実家に行き、母と弟の家族と年越しをしました。

    暮れにせとうち旬彩館で、先輩の家に持参する蒲鉾、うどん等を求めてレジに並んでいると、後ろの女性から「かんおんじ」と言う声が聞こえたので振り返ると、私の娘と同年輩の二人の女性でした。
    「貴女方はかんおんじ。」と訪ねるとうなずかれ、レジを済ませて店の入口で話し込みました。高校の後輩でした。高校の先輩のことを話すと、知らないことばかりだったようで喜んでくれました。

    数十分話し込んだので、寒くなり、女性陣から、またの機会にとの提案がありました。私も先輩の家にお邪魔する時間が迫っていたので、メアドも交換せずに別れました。

    本来ならば、スタバでコーヒーでもご馳走すべきでした。気の利かない先輩だと思われたかもしれません。柞田が実家だと言われていましたから、中部中学かもしれません。後輩さんごめんなさい。

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です