りんご病一家

次女もリンゴ病に

次女もリンゴ病に


クリスマス前から、リンゴ病の発疹が出はじめた長女
2週間ほどかけて、身体中に赤い発疹が出た後、無事回復しました。

しかし、どうやら私たちも感染していたらしく、
結局、長女→母(私)→父→次女(2歳)の順に、家族全員もれなく「りんご病」を発症しました。
正月休み丸つぶれです。

大人は「リンゴ病」に感染しても、ほっぺが真っ赤になるほど、酷くはならないみたいです。
(人によるだろうけど)

私は、顔が腫れぼったくむくみ、二の腕だけに痒みを伴う赤い発疹が出ました。
夫は二の腕が若干痒くなっただけ。風呂上りに少し赤みが出る程度でした。

そして次女。やはり乳児は反応が大きかったです。
現在、顔や体にしっかり赤い発疹が出てます。すごく痒そう。

発疹が出た時点で感染力を失っているとはいえ、ブツブツほっぺで遠出もなんだし、正月休みは近くの公園に出かけるくらいで、ほとんど遊びに連れて行ってやれませんでした。
長いお休みだったのにね。なかなか思い通りにはいきません。

でも、こうやって病気を乗り越えていくのも育児だよね。
丈夫な身体を作るためにも、幼い頃にいろんなバイキンと戦って、勝ち進んでもらわないと!
頑張れ娘達!

広告

コメント

  1. 金曜の寒梅 より:

    りんご病は我が家の子供たち(今では子持ちのおばさんですが)も罹った記憶があります。子供の頃は色んな病気に罹って心配ですね。高校時代の親友が小児科の医者ですが、大阪で勤務医をやっていましたので、急ぐ間に逢わずもどかしい思いをしたものです。

    上野うさぎやのどら焼きは、賞味期限が一泊二日なので、故郷土産には適していません。昼に買って午後の飛行機で帰る稀なケース以外はゲット出来ません。売っている店も一店舗だけなのです。嘗て、近くの上野松坂屋で売っていましたが、直ぐに売り切れになり、松坂屋からもっと作るように言われました。店主は品質保持のため松坂屋の申出を断ったと聞きます。デパートのオファーを断る店などは未だ嘗て聞いたことがありません。
     銅鑼の部分のパンケーキは、お宅のお嬢さん方の柔らかなほっぺと甲乙つけがたく、十勝の小豆を使った餡は、上品な薄味で、甘いものが苦手の左党君でもぺろりと一個食べてしまいます。添加物を使用していないがゆえに、賞味期限が短く、美味いのです。行かれる時には是非予約してください。水曜日が定休日です。

  2. ヒナ より:

    金曜の寒梅さま、
    年明けにパソコンが壊れてしまい、お返事遅れて申し訳ありません!
    やっとこさ復旧いたしました。

    まったく、数年ごとに、こういう事態に陥っているんですよ。
    早め早めに買いかえて…と思いつつ、いつも動くのはパソコンが変になってからなのです。

    うさぎやのどら焼きは、添加物を使用していない、本当においしいどら焼きなんですね。
    和菓子の好きな娘にも食べさせてやりたいです!

  3. 金曜の寒梅 より:

    私も何台潰したか、ノートでは6台程ではないでしょうか。デスクトップにしてやっと安定してきました。尤も職場の物はカウントしていません。

    東京では、私の知る限り三カ所うさぎやがあります。小結が阿佐ヶ谷のうさぎや、関脇が日本橋トレドの前の日本橋のうさぎや。大関が無くて横綱が上野黒門町のうさぎやです。日本橋はルーツは上野にあるようですが、餡が少ししっつっこい印象です。とは言え、場所が良いせいか二週間ほど前の三時に行くと売り切れの張り紙が出ていました。必ず予約です。

  4. ヒナ より:

    横綱級のどら焼きは魅力的ですね。
    予約が必要ですか、了解しました!

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です