横須賀市・港湾緑地「海辺つり公園」で、子どもとサビキ釣り

東京、千葉、神奈川あたりで、小さな子供と行ける釣り場を探す


春の陽気に誘われて、家族で海釣りに出かけることにしました。
まずば場所選び。
幼い子供(2歳&5歳)と行ける安全な釣り場を、東京、千葉、神奈川あたりで探します。

場所選びのポイントは二つ。
①柵の無い堤防や磯など、危険な場所はNG。
②トイレや水道などの設備が近くにあること。

いろいろと鑑みた結果、整備された ”海釣り公園” が最適と分かりました。
東京湾に点在する、数か所の海釣り公園から候補を選びます。
海釣り公園・海釣り施設一覧

第一候補は「東扇島西公園」、東京近郊では一番大きな釣り場だそうです。
釣り場には柵が設置されていて安全面はOK。
広い芝生もあって、釣りに飽きた子ども達を遊ばせるにも便利です。

釣り場には売店があって、エサや軽食などを購入することができます。
夜中や朝方など、お店が閉まっている時間帯は、エサの自動販売機が使えるみたい。
これはすごい便利!

行き先はほぼ「東扇島西公園」で決定していたのですが、出発前日に川崎沖で原油流出のニュースが!地図でチェックすると、ちょうど「東扇島西公園」の沖合の事故でした。念のため場所を変えることにします。

次に選んだのは「横須賀市・海辺釣り公園」です。
こちらも設備はしっかり。芝生や遊具があり、子連れには申し分のない施設です。
横須賀市立の公園で、入場料は無料です。

無料で遊べる、海釣り公園


横須賀市「海辺つり公園」

横須賀市「海辺つり公園」


前日にエサを買い、早朝に家を出て、横須賀市の港湾緑地にある「海辺つり公園」にやってきました。
沖へと続く、長~い釣り場に沿って、芝生の広場が広がっています。



朝7時半頃の釣りデッキ

朝7時半頃の釣りデッキ


釣りデッキも十分な広さがあります。
安全性もバッチリ。子供が柵を乗り越えない限り、海に落ちることはないでしょう。

写真は朝の7時半頃、すでに結構混んでますよ。日曜日だからかな。
竿と竿の間隔は、狭いところで一メートルくらいです。

私たちは、管理事務所の近くに陣取りました。
トイレや駐車場、遊具、自動販売機にほど近い、子連れには最高の場所です。



広々とした芝生と遊具は、子連れ釣り人にとっては救世主!

広々とした芝生と遊具は、子連れ釣り人にとっては救世主!


芝生広場にある遊具です。

この遊具にどれだけ助けられたか!
正直娘たちは、釣りより遊具の方が楽しかったみたいです。



ポップアップテントの休憩所

ポップアップテントの休憩所


早朝は風が強く、寒くてダウンジャケットを着込んでいましたが、
時間と共に気温が上がり、9時ごろにはジリジリ焼けるような、真夏の日差しになりました。

日よけテントを持ってきて良かった~!
風が無いと蒸し風呂だけどね!

朝は防寒、昼は熱中症に気をつけなければいけない、五月のある日曜日です。



だんだんと日差しが強く

だんだんと日差しが強く


釣果の方は全然ダメ!
頑張って早起きしたのにボウズ…?小さなイワシ10匹くらいなら釣れると思ったのに…。
陽も上がったし、もう終わりかな~と肩を落としていたら、9時過ぎからぽつぽつイワシが釣れはじめました。

釣りって、早朝や夕方が良い時間帯だと思っていました。
そんなことないんですね、魚の種類によるのかな?
この日、クラクラするような炎天下で、イワシの入れ食い爆釣状態が続きました。



ご機嫌な長女

ご機嫌な長女


長女はイワシを数匹釣り上げたら、すぐに飽きてしまい、その後はずっとお友達と遊んでいました。

おかげで、私たち夫婦はのんびり釣りを楽しむことができましたよ。
久しぶりに夢中になりました。楽しかった~!



出ました、鯉のぼり!

出ました、鯉のぼり!


出ました、鯉のぼり!

写真はカタクチイワシ2匹が連なったところです。
6匹同時に釣れた方も居ましたよ!
私は最高4匹でした。

釣れまくる時間帯は、サビキエサを入れなくても、針を落とすだけで釣れました。
未だかつて体験したことが無い「入れ食い状態」が数時間続き、やめるにやめられない貧乏性のわたくし。



今日は大漁!

今日は大漁!


気づけばクーラーボックスにイワシがいっぱい!
こんなに釣れたの初めてです。やったー!

家で数えたら、266匹居ましたよ。
大漁だ~!


海辺つり公園の設備


管理事務所(トイレあり)

管理事務所(トイレあり)


海辺つり公園の設備を紹介します。

駐車場から出てすぐにある建物、管理事務所です。
1階にはトイレ(身障者対応もあり)、3階には展望台があります。



管理事務所横の洗い場

管理事務所横の洗い場


管理事務所の横には、洗い場が設置されています。



水飲み場、水道と洗面器

水飲み場、水道と洗面器


洗い場には、備え付けの洗面器があります。

これがあるのと無いのでは大違い!
洗面器があると、何かと洗いやすいし、節水にもなります。
さりげない気遣いを感じる公園です。


禁止事項など

禁止事項など


海辺つり公園インフォメーションです。

開園時間は、午前5時から午後10時。

禁止事項は9点。
・遠投、こませのまきえは禁止です。
 (仕掛け投入時は周囲の安全を確認してください)
・バイクの乗り入れはできません。
・ゴミは分別してゴミ箱へ捨てるか、持ち帰ってください。
・公園内では、火気を使用しないで下さい。
・犬の放し飼いやフンの放置は「動物の愛護及び管理に関する条例」により罰せられます。
・許可なく物品の売買その他の営業行為は出来ません。
 また、業として行う写真や映画等の撮影は出来ません。
・許可なく競技会、集会等の催しは出来ません。
・動物にエサを与えないで下さい。
・夜22時から朝5時までは入れません。入りますと警察に通報致します。



駐車場料金

駐車場料金


駐車料金です。

利用料金(1回につき)

(午前7時から午後10時までの間)
1時間以内-10円
1時間30分以内-460円
1時間30分以上-610円

(午後10時から午前7時までの間)
1時間につき-100円

横須賀市 海辺つり公園

釣り人のお助けマン・フィッシングアドバイザー


フィッシングアドバイザー(YAMASHITA&Maria)

フィッシングアドバイザー(YAMASHITA&Maria)


海辺つり公園では、毎週土曜日、日曜日、祝日には、釣り教室が行われています。

教室といっても、みんなで一緒に釣りを学ぶわけではありません。
釣り人ひとりひとりにスタッフが声をかけて、その人に応じた指導をしてくれます。

例えば、隣の人と糸がこんがらかって困っていると、どこからともなくお助けマンが現れて、糸を解きほぐす手伝いをしてくれたり、仕掛けのおかしいところを直してくれたり、釣り方を教えてくれたりといった具合に。

釣り方を実演しながら教えてくれるので、非常に分かりやすいです。
ベテランさんに教えてもらうと、ぐっと釣りが面白くなりますからね。
初心者にとっては、本当にありがたいアドバイスなのです。

実際に私は、釣り方を教えてもらってから、倍ぐらいの速さで釣り上げることができるようになりました。
具体的には、サビキ釣りの仕掛けを少し変えてもらったんです。
オキアミを入れる袋を取って、サビキ針と重りだけのシンプルな仕掛けにしてもらいました。
そして、竿の動かし方、速さを教えてもらいました。

釣り教室を運営しているのは「YAMASHITA&Maria」という、地元の海釣り用品屋さん。
初心者にも丁寧に、じっくり教えてくれるので、超おすすめです!
先生、またよろしくお願いします。

釣り教室・フィッシングアドバイザー(YAMASHITA&Maria)

自家製アンチョビ作り


カタクチイワシ

カタクチイワシ


さて、お家に帰ってからは、イワシの処理が待っています。
傷みやすいお魚ですから、なるべく新鮮なうちに。
明日に伸ばすことはできません。頑張れわたし!



頭とハラワタをとったイワシ&イワシ重量の20%の塩

頭とハラワタをとったイワシ&イワシ重量の20%の塩


頭とハラワタを取り除いたイワシ。
この状態で、1.6キロあります。

全部やるのに一時間もかかりました…。
単純作業の神様と仲良くしながら、もくもくと作業しました。

小さな小さなカタクチイワシ。
頭を取ってしまうと、煮干しみたいなサイズです。
故郷の言い方だと、”中羽のいりこ” ですね。



塩漬けにしました

塩漬けにしました


アンチョビの作り方ですが、
まずは、捌いたイワシを、イワシ重量の20%の塩に漬けます。

最初にイワシに20%の塩をまぶして、タッパーに並べました。
イワシを並べ終わったら、上に分量外の塩を、フタをするようにかぶせます。
今日の作業はここまで。

常温だと1か月、冷蔵だと2~3か月ほど漬けておきます。
イワシの塩漬けができたら、手でフィレ状に捌きます。
身が柔らかいので、手で簡単に骨を外せますよ。

塩を落としたイワシフィレ、今度はオイル漬けにします。
油に十分漬かったら、アンチョビの出来上がり!

オイルは、植物油とオリーブオイルを半々くらいにしています。
オリーブオイルだけだと、冷蔵庫で固まってしまうので。
オイル漬けにするときに、スパイスやハーブ、唐辛子なんかを入れても美味しいですよ。

買うと高いけど、作ると簡単で美味しいアンチョビ。
ガラス瓶に入れておけば、数年日持ちします。
トロトロに溶けた熟成アンチョビは、お料理に使うとめっちゃ美味しいです!

広告

コメント

  1. 金曜の寒梅 より:

     子供より、親が楽しんできましたね。横須賀は友人夫婦が定住してリタイアライフを楽しんでいます。二人とも首都圏で生まれ育ったのですが、奥さんの実家の土地に家を建てて住んでいます。この二人は私にとって、大学時代のクラスメイトです。あ・法学部では女子学生が極端に少なく、偶々フランス語クラスだった所為で3人もの女子学生がおりました。この結婚は私がキューピッドの役割を果たしましたので、未だに感謝されています。
     横須賀は遠いでしょう。四年間都心の大学に通われた奥さんの努力には頭が下がります。小泉元首相の出身高校の同窓ですから、私達の高校のような繋がりがあるようで、地元から通った意味も分かるような気がします。

  2. ヒナ より:

    リタイアされてから悠々自適な生活をされるには、とても良いところなのかもしれませんね。
    町が広々としていて、自然が素晴らしく、心地のよい町でした。
    遊びに行くには良いですが、毎日通うのはちょっと大変かも。
    でも根っこを大切にした方が、元気でいられるかな。
    横須賀、また遊びに行きたいです。

  3. 金曜の寒梅 より:

     横須賀の歴史を考える時には、軍港、基地の町を外して考えることが出来ません。職業軍人だった伯父の海軍の同級生だったMさんにお聞きしましたが。人間魚雷回天を考案した黒木中尉は海軍の学校で伯父たちと同級生だったようです。伯父は母校を卒業して、舞鶴にあった海軍の学校に進学しました。その学校を2番で卒業したMさんは終戦時には海軍兵学校の教官でした。伯父は私の血縁ですから多分ブービーで卒業して、ベトナム沖で戦死しました。エンジニアですから船底でエンジンを抱えて亡くなったことでしょう。
     そのMさんが横須賀鎮守府にいたころ、黒木中尉が尋ねてきて、ボストンバック一杯の書類を翌日、海軍省に持参するのだと徹夜で力説したそうです。その書類が人間魚雷回天になったようです。
     一度、靖国神社で開催される例大祭に呼ばれ、その後は直会を九段会館で行いました。九段会館が地震で封鎖されたり、同窓の方々も90歳を遥かに超えておれれ、同期会も解散されましたから、今はご健在かどうかそんな時代になりました。

  4. ヒナ より:

    日本海軍の歴史においても、横須賀は大変重要な場所なんですね。
    伯父さまの同級生Mさんとご縁のあった黒木中尉は、人間魚雷「回天」を考案された方なのですね。わずか22歳でお亡くなりになったとは…。
    国を守るため、命を投げ出して戦った若者たちが居たことを、子供に伝えていかなければ。
    過去の戦争はもう、教科書やテレビなどで学ぶしかなくなりつつあります。

  5. 金曜の寒梅 より:

     我が故郷にも、詫間に特攻基地があり、豊浜には船舶特攻基地、クニ田には飛行場がありました。我が郷土も戦争には無縁ではありませんでした。85歳になる母は、戦争中は母校の前身の三豊高女の生徒で、今でも数人の卒業生が集まってお茶をしています。市がバックアップしておばあちゃんの戦争に対する四方山話を老若男女に聞かせるべきであると、故郷の人々には昔から話しています。戦争を観た最後の世代です。
     我が伯父は、海軍のエース秋山門造中将の娘さんと婚約をしていました。我が家とは親戚付き合いをしていて、とてもよい人だったようです。数年前、その話をした叔父が、他家に嫁に行ったその人も最近亡くなられたと話していました。秋山門造中将は海軍の歴史に必ず登場しますから、PCでご覧下さい。勿論、中将も伯父も私達の母校の先輩になります。

  6. ヒナ より:

    そうですか、実家の近くにも特攻基地がたくさんあったんですね。知りませんでした。
    お母様は三豊女学校出身でいらっしゃるんですね。私の祖母もですよ。
    祖母に戦争のことを聞いたことがありますが、多くは語りませんでしたね。
    母の実家でも、戦死した方がいたからか、家庭内での戦争の話はタブーのようになっていたそうです。
    秋山中将のこと、調べてみますね。

コメントをどうぞ(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です